医師とバイトについて

医師のアルバイトとは何か

一言に医師と言っても様々な種類の医師がいます。病院で働く勤務医や自身でクリニックを持つ開業医、さらには企業に勤める産業医や製薬企業で働くメディカルドクター等。勤務医の場合メインの収入は常勤先の病院となりますが、特に大学病院等では週何コマかの研究日と言われる日があり、その日は常勤先以外の病院、クリニック、企業等で働くこととなります。これは日中の話ですが、他にも当直と言って夜間や休日の救急外来担当や病棟の管理を行う仕事もあります。

なぜ医師はアルバイトをするのか

ではなぜ医師はアルバイトをするのでしょうか。それは、常勤先における給料から換算した時給とアルバイトで得られる時給がかけ離れているからです。通常の常勤先からの年収は当直料や時間外手当を含めると1500万円前後と考えられます。大学病院ではこれより安く、若手の場合500万円以下の場合も珍しくありません。その一方でアルバイトの時給相場は約1万円です。半日で3-6万円、1日で10万円稼ぐことも可能です。所謂コストパフォーマンスが非常に良いため積極的に行う傾向があります。しかし、外で勤務する時にはやはりそれなりの苦労もあります。ここでは今の薬事情ならではの苦労を紹介したいと思います。

医師がアルバイト先で経験する苦労

非常に割のいい医師のアルバイトですが、やはり慣れていない職場での勤務だからこその苦労も存在します。移動が大変であったり、慣れない人間関係の難しさがあったりというのは比較的想像しやすいと思いますが、今の薬事情ならではの苦労もあります。それは、ジェネリック医薬品の存在です。医療費削減の為に厚労省が推し薦めているジェネリック医薬品ですが、これは一つの先発医薬品に対して何社もその後発品を開発しています。そのため病院により採用されている後発品がまちまちなのです。自分の常勤先で使っている薬がアルバイト先では使えないということがよくあります。ジェネリック医薬品は医師の業務においてはなかなか厄介者なのです。

医師のバイトは、時給が良く待遇がいいので人気があります。交代の勤務なので、いつもいる先生とは限りません。