意外とシンプル?医師が新しい病院を見つける方法

転職するときはまず頭の中を整理する

何故転職したいと思うのか、まずはそこを整理することが意外と重要なんですよ。そして医療関係の業界に勤務している親しい人に相談してみるのは良いことでしょう。身内に相談したりして、今後どういったキャリアパスに進みたいのかを明確にすることが重要です。医師としてより多くの症例を診たいのか研究者になりたいのか等も整理しておきましょうね。自分の中ではっきりとした道筋が見えたら次は自分がしてきたことを紙に書いて整理しましょう。

専門家に求人の市場に関して質問しましょう

どの病院が良いかというのは、意外と探すのが難しいので今すぐ転職したいと思っても少しは我慢した方が良いですね。探すと言っても自分一人では非効率的なので人材紹介会社の人に悩みを打ち明けてみるとよいでしょう。転職させることを仕事にしている人は良い情報ばかり持ってくるのではないかと思うかもしれないですが、そうとも限らないです。しっかりしたコンサルタントは求人を出している病院の内部事情に結構詳しいので役に立ちます。

面接があるので、その対策をしましょう

経理やITエンジニアの転職に面接があるように、医師の転職にも面接があります。そこでは医師として今後どうしたいのか聞かれるのはもちろんのこと、医局でのあなたのポジションとか日頃の業務内容についても詳しく聞かれるでしょう。なので転職を支援する会社のスタッフと面接対策をしっかりすることが重要なんですよ。もし落ちたとしてもめげないことが重要ですね。病院はなぜ落ちたのかを本人に教えることは無くても紹介会社には教えるのでその意見を紹介会社から聞いて参考にするとよいです。

小児科の医師の転職では、当直がない職場や外来専門で働ける勤務条件を選ぶ傾向が強く、都市部の仕事にこだわる人も多いです。